kurabugemuzuのブログ

このブログは主に数学についての内容を投稿しています。

数学の世界へようこそ

ここは数学の世界。
数学の勉強に利用してね!
でも最近は脱線している気も?

e-typingスコア300までもうすぐだと思ってたのに。。。

前回あげた内容によれば、スコア300まであとちょっとだと言って期待していたのに。。。

 

mathdash.hatenadiary.jp

 

f:id:kurabugemuzu:20190519010646p:plain

伸び悩み

うわぁぁぁーーー!!!

一時期289行ったところから、停滞するどころか下がっちまった。

まぁ、キーボード変えたからと言う原因もあるけど、だからといってこんなに下がる物か?

目標までの道のりは長そうです。。。

(補足:実は「練習回数三〇〇回達成!!」とか投稿するつもりでいたけれど喜ぶ場合じゃなかったから、こんな悲しいブログになってしまったのだった。)

誰でも簡単にタイピング初心者が二週間以内で爆速になるための方法だ!

f:id:kurabugemuzu:20190507194224j:plain

この記事はどんな記事?

この記事では、タイピングの速度が遅すぎて人に見せるのが恥ずかしいといった方が二週間で信じられない早さでタイピングができるというレベルまで上げる方法について詳しく解説していきます。

完全に短期間で入力スピードを実用的な早さにすることを目指して作られている方法なので、プロタイパーを目指している方にとっては少し違った内容になってしまうのでご了承ください。

続きを読む

e-typingでついにSを超えてGood!に!

皆さんこんにちは、大変久しぶりの投稿となってしまいました。

わすれているかもしれませんが、このブログではタイピングの成長記録をあげて言っています。

自分はタイピングの練習を最近サボってきていたのであまり投稿する機会がありませんでしたが、素晴らしい記録を残したので自慢をしていきたいと思います。

早速ですが以下の画像をご覧ください。

f:id:kurabugemuzu:20190227173700p:plain

ついに来ました!Good!の大台です!

Sに入ったときの10倍はうれしいです。何故かって?A,B,Cではない単語の称号はかっこよくないですか!?

スコア280。。

目標としている300は目前です。

目標300は言いすぎかなぁ、230位にしておこうかなー。

なんて言っていましたが、そんな私が280になったのです。

いよいよ300というかっこいい数字が現実味を帯びてきました。

この300を越えたら次の目標はもちろん400です。それも超せたら500,600としていきたいと思っていますので応援よろしくお願いします。

こんなに喜んでいる文章ですがまだ真の目標300には届いていません。

300いったら喜びが半端なさ過ぎて1000文字くらいの記事になってしまうかもしれませんがそのときはよろしくお願いします。

最後にこれまでの練習の成果をご覧ください。

f:id:kurabugemuzu:20190227174438p:plain

私はこの写真はとても価値のある物だと私は思っています。

なぜならタイピング初心者でも頑張ればこんなにも伸びると言うことの証明だからです。

私は自己流(画面とキーボードをちらちら見て左右合わせて4本指)でのスコア150、頑張ってタッチタイピングをしようとするとスコア50といったスコアからスタートしました。

しかし、それから257回の練習を重ねることによってスコア280まで伸ばすことが出来ます。

これはまさに「努力は報われる」と言うことです。

練習すれば伸びると言うことは証明されました。

タイピングを始めたばかりの方、あなたはきっと伸びるでしょう。

そして上級者の方、私は追い付くように努力を続けます!

竹とりの翁物語 (群書類從)

竹とりの翁物語
今はむかし。竹とりの翁といふものありけり。野にまじりて竹をとりつゝ萬の事につかひけり。名をばさぬるイきの宮つことなむいひける。其竹の中に本光る竹なむ一すぢ有けり。

続きを読む

Anki日記#2 やばい、早速サボってしまった

f:id:kurabugemuzu:20180918181453p:plainお、お、怒られるー!

Anki日記#1出してからもうはじめからサボってしまったー!

こんなこというのもなんですが、これ日記っていう題名じゃなくて報告っていう題名にしますね。

日記だと毎日やらないといけない感半端ないから。

英単語暗記にはAnki

みなさんは英単語暗記に苦労していますか?

私は苦労していました。

しかし、Ankiという神ソフトに出会ったらそれが逆に。

むしろ楽しくなってきたのです。

 

 

というわけでAnkiを紹介したいと思います。

続きを読む

勉強には息抜きも忘れずに!